自己責任の時代

かわいそうな動物たち

日本では毎年何十万頭もの犬や猫が殺処分されています。動物愛護法などペットを守るための法律もありますが、その罰金などはやはり安いです。

 

そんなに動物の命を安く考えていいのでしょうか。何十万頭も殺処分されているのに日本にはブリーダーと呼ばれる人が何人もいます。中には悪質なブリーダーもいますね。

 

日本にとってペットビジネスが大きな経済なのはわかっていますが、その代償が動物の命ってどうなんでしょう。

 

世界にはいわゆるペットショップがない国だってあります。犬が飼いたければ保健所で引き取ったり図鑑を見ながら「この種類の犬がほしい」とブリーダーに言い、そこから交配させるのです。ちゃんと需要が先なのです。

 

日本は供給が多すぎるせいでいくつもの命が軽く扱われています。

 

ペットショップに行けば割引の札がついた犬や猫だいます。命を割引なんてしていいはずがありません。

 

また、ペットの世話の度合いも人それぞれです。

 

エサもろくに与えず散歩もしない飼い主もいます。

 

個人的な意見としては、動物を飼った時点で定期的に役所の人間がペットの健康状態を確認したり飼い主への世話の仕方のレクチャーをするなど第3者からの目を入れてほしいと思います。

 

そのくらい動物を飼うということは責任が必要なことなんだとすべての飼い主の方に感じてほしいなと思います。