2歳になりました

発熱の誕生日からもう1年

昨年息子にとって初めての誕生日は発熱のため家で大人しくお祝いをしました。

 

今年は元気だったらお出かけしようと主人と計画を立て始めました。

 

誕生日だし特別な所へ行きたいと考えましたが、2歳の子が楽しめて誕生日のお祝いができる所がなかなかありませんでした。

 

どうしようと思った時、主人が「そういえば最近アンパンマン好きだね、夜もぬいぐるみ抱いて寝ているし…。」という言葉でアンパンマンミュージアム!とひらめきそこに行くことに決まりました。

 

誕生日の日は平日だったので、主人が仕事お休みにしてくれて3人で向かいました。

 

平日だしそんな混雑していないだろうねと安易な考えでゆっくり出発し、到着。

 

しかし私達の考えとは真逆。
入り口には長蛇の列、夏休みだということをすっかり忘れていました。

 

列に並ぶと勿論息子はすぐ飽き、あっち行くー!と大泣き…

 

誤魔化し誤魔化しやっとの思いで入場。

 

ミュージアム内でのびのび遊べー!と息子を放つものの、早速順番待ち出来ずお友達に攻撃を仕掛ける息子。
やりたいものが出来ず駄々こねまたもや大泣き。

 

 

空いている場所に誘ってなんとか遊び始めました。
ミュージアムでは色んなイベントがあったのですが、息子は興味ないだろうと思いほとんど参加する予定を立てませんでした。
唯一、誕生日会があったのでそれだけは参加しようと思い予約をしました。

 

いざ、会場に入ると薄暗い環境にビビる息子。

 

席に座るとあっち行くー!と大泣き始まり、主人に席を取っててもらい開始ギリギリまで外で誤魔化し待ちました。

 

 

会が始まると座ると言ってくれて、席について誕生日会を楽しんでいました。
本当にアンパンマンが大好きな息子。

 

誕生日会を終えた後キャラクターとの記念写真も抱きつき離れようとしませんでした。

 

そこからミュージアム内でランダムにキャラクターが会いに来てくれたのですが、片っ端から抱きつき独占していました。

 

着ぐるみの人も大変だったろうに、次の友達の番だよ的な仕草するものの離れようとしない我が子。
引き離す度大泣き。

 

なんとか話して落ち着かせミュージアムを後にしました。

 

お昼はペコズキッチンでお祝い。

 

ここではデザートをひたすら食べまくり、満足気な息子。
お祝いもデザートプレートにケーキの作り物のロウソクを消したり、写真や風船まで貰いいたせりつくせり。

 

ご満悦の様子でした。

 

帰りにショップで自分で欲しいおもちゃを一つだけ選ばせて帰宅。
パン工場のおもちゃを1ヶ月過ぎようとしていますが、お気に入りでずっと遊んでいます。

 

色々大変だったけれど、思い出深い誕生日を送ることが出来てよかったなと思いました。
来年はどんな誕生日になるのか楽しみです。